ABOUT

English

Raymond_huang08
Photo by Raymonde Huang

Dear Masanori

演奏家が存在しなければ、作曲家なんてどんな意味があるのでしょう。

あなたは今まで仕事をしてきたサクソフォン奏者の中でも最高のサクソフォン奏者の一人で、また4本全てのサクソフォンを完全にマスターしている数少ないサクソフォン奏者の一人です。

あなたの音楽性とテクニックは驚くべきものであり、この美しいアルバムを嬉しく、そして大変誇りに思っています。

Bravo ! そして本当にありがとう。

友情をこめて

JacobTV

 

 

 

大石将紀 Masanori Oishi

1977年石川県金沢生まれ、千葉県松戸市出身。
1999年東京芸術大学卒業。同年 東京芸術大学大学院修士課程入学。
在学中に平野公崇氏のアルバム「ミレニアム」、「清水靖晃&サクソフォネッツ」に参加。

2001年東京芸術大学大学院修士課程修了。
同年9月渡仏し、パリ国立高等音楽院に入学。02年から04年まで文化庁派遣芸術家海外研修員として研鑽を積む。

在学中はフランス国内のコンクールで入賞(U.F.A.M国際コンクールソロ部門名誉首席一等賞、室内楽部門首席一等賞、レオポルトベランコンクール一等賞、アヴァンセーヌコンクール入賞)。

04年アムステルダム音楽院に短期留学。

05年2月文化庁主催、「明日を担う音楽家による特別演奏会」に出演、東京シティーフィル管弦楽団と共演。F.シュミットの「伝説 Op.52」を演奏し好評を博す。

同年6 月にパリ国立高等音楽院サクソフォン科、室内楽科を、06年には即興演奏科を全て最優秀の成績で卒業。さらに05年よりパリ国立高等音楽院第3課程室内楽科(サクソフォン四重奏)に進み07年6月に修了。

これまでに安田生命クオリティオブライフ文化財団、メイヤー財団、エラスムス財団、ソシエテジェネラル財団から助成を受ける。

在仏中はソリストとして、またサクソフォン四重奏「OSMOSE」のメンバーとしてクラシックはもとより、現代音楽、また若手作曲家の作品発表を精力的に行っており、これまでにウンドル国際音楽祭(イギリス)、ダヴォス国際音楽祭(スイス)、ヴァル・ド・オルネー音楽祭(フランス)などの音楽祭への出演、フランス、オランダ、イギリス、などのヨーロッパ諸国を始め、ナイジェリア、ニジェール、中国等で演奏活動をしている。

即興演奏はパリ音楽院在学中から活動を初め、パリのポンピドゥーセンター、ルーブル美術館を始め様々なプロジェクトに参加している。

また舞踏家、保坂一平とは共演を重ね、J.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲」の演奏、また電子音響を使った即興演奏で参加している保坂の初のソロ作品「蛹化の女」(むしのおんな)はパリでの2回の公演共に高い評価を受け、2008年11月ドイツ舞踏会の巨匠、ピナ・バウシュのフェスティバル「Tanzfest2008」に招待された。

2007年1月にはトーキョーワンダーサイトにてオールゲンダイオンガクプログラムのリサイタルを開催。

2008年3月に日本に拠点を戻し、東京オペラシティ財団主催「B→C100」に出演。朝日新聞紙面上に白石美雪氏の批評が掲載され高く評価された。

2009年エレクトロニクス作品、映像、パフォーマンスを取り入れたリサイタル「OSMOSE SAXOPHONE」を開催。2009年5月にはP=Y・アルトー率いるフランス・フルートオーケストラにソリストとして招待される一方、サントリー「ザ・プレミアムモルツ」のCM「広がる感動体験篇」、Nissan zero emission の The Planet zero のレコーディングに参加するなど、幅広く活動している。

教育の分野では2010年、2011年度(財)地域創造登録アーティストとして「現代音楽は音を遊ぶこと」をテーマに全国の学校、公共ホールでコンサート、ワークショップを展開。

2009年から2011年まで「THE SAX」誌において「つかえる!現代音楽奏法教えます」を連載。2011年度バンドジャーナルワンポイントレッスンを連載。

2007年4月より東邦音楽大学、同大学院非常勤講師、2012年より洗足学園音楽大学非常勤講師、2015年より東京藝術大学非常勤講師として後進の指導にもあたっている。

サクソフォンをC.ドゥラングル、須川展也、平野公崇、彦坂眞一郎、冨岡和男、A.ボーンカンプの各氏に、室内楽をL.ハダディー、中村圴一の各氏、また即興演奏をA.サブレ、A.マルケアスの各氏に師事。

 

 

 

Dear Masanori,

What is a composer without a musician?

You are one of the best saxophone players I have worked with, and one of the very few who master all four saxophones.

Your musicality and technical skills are stunning, and I am honoured and delighted by this beautiful CD.

Bravo, and thank you very much!

in friendship

JacobTV

 

Masanori Oishi

 Receiving his undergraduate and master’s degrees from the Tokyo National University of Fine Arts and Music (now Tokyo Unversity of the Arts), Oishi went to France to study at the Conservatoire National Supérieur de Musique de Paris in 2001. He graduated with top honors (mention très bien) in saxophone, chamber music, and free improvisation.  The same year he advanced to the school’s 3rd level Chamber Music Course (Classe de Musique de Chambre, 3e cycle de perfectionnement), completing it in 2007. From 2002 to 2004 he studied on a research grant from Japan’s Agency for Cultural Affairs in their Program of Overseas Study for Upcoming Artists.

 Before returning to Japan in 2008, Oishi played not only in France, but in  various countries in Europe, Africa and Asia.

His participation in the Tokyo Opera City Cultural Foundation-sponsored recital series

B→C 100 garnered him high acclaim. Subsequently, he appeared in such events as the Tokyo Opera City Cultural Foundation Composium, the Suntory Foundation for Art’ Summer Festival, and the Takefu International Music Festival. He also appeared in 2008 in a dance collaboration at the late Pina Bausch’s dance festival in Germany (Internationale Tanzmesse NRW).

 He has worked extensively, focusing on contemporary and classical music, but also playing concerts, on television and radio, in addition to recording music for commercials. He has released two albums with the Blue Aurora Saxophone Quartet, of which he is a member. His contemporary music group, Tokyo Gen’On Project received the 13th Saji Keizo Prize. He is a lecturer at Tokyo National University of fine Arts and music, Senzoku Gakuen College of Music, and Toho College of Music.

 

Masanori Oishi

Diplômé en 2001 de l’Université des Arts de Tokyo  (Master), Masanori Oishi reçoit  en 2002 une bourse d’excellence du gouvernement japonais pour étudier à l’étranger.  Jusqu’en 2007, il poursuit ses études au Conservatoire National Supérieur de Musique de Paris où il obtient  Mention Très Bien à trois  Diplômes de Formation Supérieure (Saxophone – Musique de chambre -Improvisation générative) et effectue un 3ème cycle de perfectionnement en Musique de chambre.

Il se produit en France, aux Pays-Bas, en Angleterre, en Suisse, au Niger, au Nigéria et en Chine.
À  son retour en Japon en 2008, sa prestation lors de la série de récitals B=>C 100 de la Tokyo Opéra City Cultural Foundation recueille tous les suffrages. Depuis,  il a centré  son travail sur la musique contemporaine et a suivi une trajectoire exigeante , non sans avoir multiplié les expériences et les collaborations, au Japon et à l’étranger.
Il s’est produit , notamment, au Tokyo Opera City Cultural Foundation Composium, à la Suntory Foundation for Art Summer Festival, au Festival International de Musique de Takefu Takefu (Japon), à l’ Internationale Tanzmesse NRW de  Pina  Bausch (Allemagne).
Il participe à des enregistrements pour la radio et la télévision. Il fut membre du  Blue Aurora Saxophone Quartet, avec lequel il a enregistré 3 albums. Son premier album solo, No Man’s Land, est sorti en 2015. Son ensemble de musique contemporaine, Tokyo GenOn Project, a reçu le 13 ème Saji Keizo Prize. Il enseigne dans trois universités à Tokyo (Université des Arts de Tokyo –  Senzoku Gakuen College of Music – Toho College of Music).